FC2ブログ

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

Category:ひとりごと

これが現実…

あちこちのブログで紹介されてるし、今さらココで取り上げなくてもね…。

そんな風に思っていた情けない私。
でも、ちわわせ日記のニキティさんの文章を見て考えを改めました。
ちわ日記に来て下さる方の中で、この悲しい現実を知らない人がいるかもしれないもんね。

ご存知の方も多いと思いますが、三重県にある繁殖場で53匹のワンコが救出・保護されました。

繁殖場レスキューレポート
wan life活動日誌
wan life HP

リンク先を拝見してもらうとわかると思いますが、本当にひどい状況です。
あまりにもひどい写真を見て、思わず目を背けた方や絶句した方がたくさんいることと思います。
私もそうです。
数々の写真に目を背け、そこに書かれている文章に絶句したひとりです。
心の中では「何で?どうして?」って言葉ばかり…。
この子たちが一体何をしたと言うのでしょう。

我が家のちわもペットショップ出身の子です。
当時の私はペットを飼う=ペットショップへ行くと思ってました。
それ以外にワンコと巡り合う方法を知らなかったのです。
いや、「調べようともしなかった」のほうが正しいですね…。
ちわと出会い、ブログを始めなければ知らなかった現実。
その現実を突きつけられた今、戸惑っていると言うのが正直な気持ちです。
ペットショップでワンコを買うこと自体は悪いことだと思ってません。
だって、私たち家族にとってかけがえのない「ちわ」と出会えた場所ですから。
ですが、このような行為が繁殖屋と呼ばれる人たちを増やしているんじゃないか、とも思うわけです。

世の中にはワンコを愛し、ワンコとの生活を夢見ている人がたくさんいると思います。
そんな人たちは可愛い仔犬を見たくてペットショップへ足を運んだりしますよね?
いつか自分だけの可愛いワンコを抱くことを夢見ながら、ペットショップの仔犬を抱かせてもらったりしますよね?
で、値札を見て「ちょっと高いけど、こんな子が欲しいな」って思ったりしませんか?
でも、そんなとき、「この子たちの親犬は?」って考えてみてください。
もしかしたら繁殖屋と呼ばれる悪質なブリーダーの元にいるかもしれないのです。

これ以上不幸なワンコを増やさないでください。
こんな生き物としての尊厳を失われた場所で、繁殖のためだけに生かされている状況はあまりにも酷すぎます。
ペットショップでワンコを買った私にこんなことを言う権利はありません。
しかし、少しでも多くの人がこの現実を知ってくれることを願います。

P1030106.jpg

保護されたワンコの残りの犬生が幸せなものでありますように…。
スポンサーサイト




Permalink | Comments(10) | Trackbacks(0) | Top

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月